東京支店

仙台支店

京都支店

土地活用といっても、交通の利便性がよくないので、敷地が狭いし、変形地なので…などといってあきらめていませんか。
収益性が高く、安定した土地活用法として、「戸建賃貸住宅」を提案します。
市場では、一戸建ての賃貸住宅が不足しており、戸建賃貸住宅のニーズが増えています。
一方で、人口が減少傾向にあるなか、賃貸経営で最も重要な要素の一つである
入居者の確保のため、差別性のある賃貸住宅づくりが必要です。
「戸建賃貸住宅」にはオーナーの方にとって、数多くの経営メリットがあります。
西洋ハウジングには、長年の住宅事業で培われた豊かな建築ノウハウがあります。
地域を見つめた住まいづくりで培われた、地域ニーズに熟知した経営ノウハウがあります。
こういう時代だからこそ、より確かに、より安定的に、より高率的な収益確保を。
そんな声に、西洋ハウジングの「戸建賃貸住宅」がお応えします

約80%もの人が「一戸建てタイプ」を希望しています

国土交通省平成20年土地白書「望ましい住宅形態に関してのアンケート」結果によると、多くの人たちが望ましい住居形態として「一戸建てタイプ」を希望しているということがわかります。 これは集合住宅における生活、特に小さなお子様がいる場合上下・隣地との騒音問題などの集団生活におけるわずらわしさに起因していると考えられます。また、ペットが飼育できない、ガーデニングなどが楽しめないなど数々の不自由さも大きな原因となっています。

戸建賃貸住宅は供給が少ない状態です。

一方、国土交通省平成20年建築統計年報の「平成19年に建築された賃家の建築形態」をみると、集合住宅が約98%を占め、一戸建て賃貸は需要に比べて圧倒的に供給が少ないのが現状です。 これは、戸建住宅の需要はありながらも、実際にはほとんど供給されていないとみられ、それはとりもなおさず、戸建賃貸住宅が今後期待のできる新しいマーケットであると考えられます。